不眠症の4つのタイプ、自分でできる改善法、病院で行なう検査

うつ伏せになる女性

自分でできる改善方法


癌の放射線治療の基本知識をしっかりと把握しておくことが大切です。スムーズな治療を行なうことが出来ますよ。

人間は眠ることによって、体力の回復をすることができ、脳を休ませることができます。生きていくために睡眠は欠かせない大切なものなのです。
安眠することができないことを、不眠症と言います。
不眠症と一言で言っても様々なタイプがあり、それぞれ症状は異なります。日常生活に支障をきたすほどの不眠症の場合は、対策する必要があります。
心と体が興奮すると、なかなか眠ることができません。運動をしたり、ストレスを感じたりした時に興奮をします。
この興奮は長時間継続するものではなく、時間が経つと収まるのですが、人によっては一度興奮すると、なかなか収まらない場合があります。
夜まで興奮が収まらない場合、脳は眠りにつくような状態ではないので、不眠症の症状が出てしまいます。
これを改善するためには、生活の中でなるべく怒らないようにしたり、怖がらないようにしたりすることが重要です。
交感神経の興奮をさせないように心がけるのが重要です。

コーヒーやお茶などに含まれているカフェインも不眠症と深く関係しています。
また、香辛料や唐辛子などもなるべく摂取しない方が良いです。嗜好品として、カフェインが入っている飲み物を良く飲む人は、1年間飲むのを止めてみましょう。
よく飲む人にとってはなかなか簡単なことではありませんが、不眠症改善には大切なことです。
カフェインを止めることによって、眠りにつくまでが早くなるだけではなく、眠りも深くなるので、眠りの質がよくなります。

タイプ

不眠症とは、睡眠に関する症状のことです。不眠症は大きく分けると4種類に分けることができます。なかなか寝付けない、夜中に目が覚める、朝早く目が覚めてしまう、眠った気がしない、の4つのタイプです。

Read more

原因

不眠症を改善するためには、原因を知ることが大切です。睡眠時間が不規則だったり、昼間の活動量が足りていなかったりなど生活習慣が関係していることもあれば、ストレスや薬、病気が原因になっていることもあります。

Read more

検査

眠りたいのに眠れないというのは非常に辛いものです。不眠症かもしれないと思ったら、病院で検査することが大切です。病院では、睡眠ポリグラフ、アクチグラフなどの検査を行い、原因を調べます。

Read more